大阪城を今作ればいくらかかるのか?

 In 一分で読める 建設・IT職人の親方ブログ
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

大河ドラマ真田丸がクライマックスに
なっているようですが

新幹線の中で読んだ本の中に
面白い数字を見つけた。

戦国時代、戦国武将のお金の話で

真田の旗印は六文銭(六連銭ろくれんせん)
あの世に行くために乗る三途の川の渡し船の運賃らしい

そして
六文銭は天正10年(1582年)当時の価値で
米が5合買える金額で
5合≒一人の兵士の一日分の兵糧

なるほど、
戦を一日でケリをつける

真田はすでに、
勝っている
とのアピールだという話

味方の士気は高まる
敵はへこむ

そういうビジョン経営
面白いと思った。

思考は現実化する
明確な目標
計画の実行
ですね

さらに、本の中に
大手ゼネコン大林組さんの
ホームページに

「豊臣秀吉の大阪城を今作ればいくらかかる?」
の試算というのがあって

堀の堀削、地盤整備に50億円
石垣工事に510億円
土木工事の合計560億円

労力と機械は、
最盛期で石工80~100人、
土工300~400人、
ショベルドーザー10台、
トラッククレーン(5~15t吊)約30台。

天守閣とか建築費221億円

現代の建築でいえば、
超高層ビル1棟の建設費に相当

合計781億円

高いのか
安いのかは置いといて

大阪城建設工事の
工程表
工事人工表
見積書
もあって
見入りました

PS
建設業は後世に残せる
仕事だとあらためて感じ

当時の職人さんとか監督は
どんなんやったのか
思いの巡らせました

有難う御座いました。

%e5%85%ad%e6%96%87%e9%8a%ad

Recommended Posts
かんたん問合せフォーム

お問合せ内容を入力して、送信ボタンを押して下さい。

Start typing and press Enter to search